勇者カアズの趣味徒然

お嫁さん・PC・X68・ピアノ・シンセ・ドラム・げーむ・ぷらも・ふぃぎゅあ・えヴぁ・ウサビッチ・鷹の爪・ぽぴーが好きな、・・メディア工房アタラクシア代表管理人の趣味と発散のお部屋。

2006/10/27 23:30

フラガール 

なんやかんやで、やっと目的の「フラガール」
巷でもナカナカの人気らしく、イチコさんも明日は「フラ」体験予定らしい。はたから見たら、映画に感化されたように見られるかもね。でも今日の明日では行動早すぎ!?の誤解もあるのでは・・(^^;

内容は「敗者復活戦もの」。福島県いわき市に、かつて常磐ハワイアンセンターと呼ばれた温泉リゾート施設があって、この施設のはじまりには、時代から消え行く炭鉱業のみで生きてきた町の人々が、新たな人生のために大きな賭けをした、感動的なドラマがあった!・・その実話の映画化『フラガール』。これを見た後じゃ、ハワイを名乗るとは安直だなあ、なんて感想は二度といえない。

現在でも、スパリゾート・ハワイアンズとしてリニューアルし、全国のこの種の施設が軒並み苦戦する中、頑張っているようです。

この時代、誰の目にも真新しかったフラ(フラダンスという呼称は正しくない)。旧態依然とした男社会の代表である豊川悦司と、松雪泰子の対立の構図。フラを人生を変える契機としてすべてを賭ける蒼井優や山崎静代らダンサーたち。演技頑張っているようですが、演出の方がちょっと散漫。群像劇としては腰が軽く、描ききれぬキャラクターもいて中途半端な印象だ。軽快なコメディタッチでいくのか、重厚な群像感動劇にするのか、迷いながら進んでいる様子。

気になった演出のこの映画、お涙頂戴がちょっと露骨かな。韓国映画並のくどさで、後半は多用と感じるくらい。劇伴音楽もいかにも泣いてくださいといわんばかりで残念。もう少し抑え気味にドラマを構成していったらもっとよかったのかも。韓流メロドラマで泣けてしまうような、演出に抑制の無いドラマでも大丈夫、という人は良いのかも!(酷?)
ちなみにイチコさんも大泣き(?)でした。
後日談・・イチコさんサントラCDも買いました。

コメント

コメントの投稿


Secret : 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ataraxianet.blog.fc2.com/tb.php/20-8aa666aa
この記事へのトラックバック

プロフィール

勇者カアズ

Author:勇者カアズ
[Media Factory Ataraxia]
メディア工房 アタラクシア
「かわら版」へようこそ!

時計&カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

勇者のつぶやき2018

勇者の地球儀

検定合格!?

最近の記事

XBOX LIVE!









勇者のAMAZON

勇者のカウンター

月別アーカイブ

ブログ内検索